English
HOME > 製品紹介 > ロジック> その1
APS/生産スケジューラ[PlanWizard]は、特許(特許第3526516号、特許第4348333号)により保護されております。
生産日程計画特有ロジック

導入後、実際の運用を成功させるためには、スケジューリングロジックが非常に重要です。
PlanWizard には、様々なスケジューリングロジックが内蔵されており、その多くがユーザーの設定で動作するように設計されています。

前切替・後切替両対応機能

加工、組立等の工程では生産前に金型取付があり前切替が必須と
なります。また、化学、製薬、食品等の工程では生産後に洗浄があり
後切替は必須となります。PlanWizard は、前切替・後切替両対応と
なっており、幅広い業界で対応が可能です。前切替・後切替を同時
に発生させることも可能です。

設備同時使用不可設定機能

複数の設備を同時に使用しないようにスケジューリングする
機能です。(原材料置場スペースの共有等)

設備A〜Cを設備同時使用不可設定にした場合

通常のスケジューリング結果

切替タイプ設定機能

切替には「設備」、「中間体(製品・工程)」、「前後」の3つの
タイプがあり、設備毎(前切替・後切替個別設定)に切替タイプ
を設定します。

最大生産中断可能時間設定機能

生産が夜間や休日を跨がないようにスケジューリングする機能です。
製品工程毎に任意の時間(秒単位)を設定できます。

最大生産中断可能時間を設定した場合

通常のスケジューリング結果

工程間接続クリティカル機能 (Just In Time機能/TOC自動解析機能)

任意の前後工程間の接続時間を厳守してスケジューリングする機能です。Just In Timeな計画を立案するには必須な機能です。
また、化学、製薬、食品等の前後工程間で連続性を求められるプロセスにおいても必要不可欠な機能です。

特殊割付機能を用いたスケジューリング結果(FW割付時)

通常のスケジューリング結果(FW割付時)

※全製品の各工程間の接続は全てFS、遅れ時間0、余裕時間0に設定

  
株式会社ウィザードシステム研究所

Tel :03-5667-7281 Fax:03-5667-7282

E-mail: info@wizard-system.com

Copyright (C) Wizard System Laboratory Co.,Ltd All Rights Reserved.