English
HOME > 製品紹介 > ロジック> その7
APS/生産スケジューラ[PlanWizard]は、特許(特許第3526516号、特許第4348333号)により保護されております。

工程別割付設備選択機能

工程別割付設備選択機能を使用すると工程毎に割付設備選択方法を指定することが可能です。
下の左図は、製品A(工程A)は「第一設備」、製品B(工程B)は「代替設備考慮」、製品C(工程C)は「最早終了設備」、
製品D・製品E(工程DE)は、「重み」(同一製品が連続的に割付くように設定)を選択した場合のスケジューリング結果
です。下の右図は、全工程で「最早終了設備」を選択した場合のスケジューリング結果です。

工程別割付設備選択機能の設定をしたスケジューリング結果

全工程で「最早終了設備」を選択した場合のスケジューリング結果

1個流し機能

製品を任意の数量毎に後工程へ送る(流す)ことが可能で、全体のリードタイムを短縮することが可能です。
後工程へ流す単位は、各製品・各工程毎に設定できます。
下の右図は、1個流し機能を利用していないので結果的に納期割れ(斜線表示)になっています。

1個流し機能の設定をした場合のスケジューリング結果

通常のスケジューリング結果

ロット開始時刻設定機能/ロット終了時刻設定機能

ロット開始時刻設定機能は、FWスケジューリング時にロット開始時刻を設定する機能です。
ロット終了時刻設定機能は、BWスケジューリング時にロット終了時刻を設定する機能です。
それぞれ、任意の時刻(複数可)を指定することができます。また、1個流し生産の場合は、対象をロット毎と先頭ロットから選択することが可能です。

ロット開始時刻を設定した場合のスケジューリング結果(FW)

1個流し生産でロット開始時刻を設定した場合の
 スケジューリング結果(FW)

※開始時刻を8時、または、12時に設定しています。

※開始時刻を10時、対象ロットを先頭ロットに設定しています。

次ロット開始遅れ機能

設備の熱対策等の問題でロットとロットの間を一定時間空けて生産するような場合に設定する機能です。
また、任意の複数のロット毎に遅れ時間を発生させることも可能です。
例では、2ロット毎に開始遅れ時間2時間を設定しています。

次ロット開始遅れ機能の設定をした場合のスケジューリング結果

通常のスケジューリング結果

ストレッチ生産数量可変機能

ガントチャートからのバーのストレッチ操作で生産数量を変更することが可能です。

ストレッチ生産数量可変機能使用中の画面

ストレッチ生産数量可変機能使用後の画面

  
株式会社ウィザードシステム研究所

Tel :03-5667-7281 Fax:03-5667-7282

E-mail: info@wizard-system.com

Copyright (C) Wizard System Laboratory Co.,Ltd All Rights Reserved.